業者の仲介によって行われている不動産売却

土地や建物といった不動産を売ることを、不動産売却と言います。

このような場合には、土地や建物の持主が自分でその買い手を見つけて売却するということは稀で、ほとんどの場合には、不動産業者という土地、建物の売買仲介を専業としている業者に仲介してもらって、その売却を行うのが通例となっています。

このために、不動産売却がなされる際には、仲介手数料というものが発生するものとなっており、この仲介手数料というものが、売買の仲介を専業としている不動産業者の主たる収益源となっているのです。

では、どうして不動産の売却というものが、持主自身が直に買い手と取引をするのではなく、わざわざ仲介料を支払ってまで不動産業者に仲介してもらって行われているのかといえば、不動産の買い手を見つけるのは容易ではないことと、不動産取引には様々な手続きが必要になることなど、専門的な知識やノウハウが必要になるために、そうした専門知識やノウハウを持っていない人にとっては、非常に難しいものであるためなのです。